Comic Works MAX

2016年2月25日 (木)

アナコンダのウロコの感じ

インク 円形 トーンにホワイトレイヤーをかけることでざらついたイメージを出す。

セル 線形 45+-45度

001

セル 四角形 45度
002

セル 四角形 30度+-30度
003

グレーレイヤーでぼかし →モノクロレイヤ

| | コメント (0)
|

2016年2月16日 (火)

トーンのぼかし

Untitled

| | コメント (0)
|

2015年3月10日 (火)

鉛筆で雲をつくる

1

1 鉛筆で雲の形を描く
外側だけでいい

2 中を黒く塗りつぶす

3 ぼかしをかける
ホワイトに変換
下のレイヤにグラデーションをかける
002

| | コメント (0)
|

2013年10月29日 (火)

互換モードでこのプログラムを実行する

過去のソフトがうまく動かない時は、

プロパティを選択⇒互換性⇒互換モードでこのプログラムを実行する 

にチェックを入れると動くことがある。

20131028124946png

20131028124938png
20131028124924png

| | コメント (0)
|

2013年9月18日 (水)

COMICWORKS NEOのトーンワークをCOMICWORKSで行う 03

1_2  

COMICWORKS MAXにコピー貼り付けでモノクロ線画を取り込む。

線画を全部複製する

もとの線画を不可視モード

新規レイヤ モノクロ線画にトーンを貼る部分のマスクを塗りつぶす。
一度に塗るところで仕切りがあるところは仕切りを消す。

新規レイヤ トーンを大まかに貼り付ける

マスクレイヤーを選択範囲に変換
選択範囲を反転させる。
余分なトーンを消す。

もとの線画を表示する。
ウェブサイズに出力。
トーンだけをビットマップで別ファイル形式に出力
COMICWORKS NEOで開いて貼り付ける。




■COMICWORKS MAXはWindowsのバージョンが新しい場合(64bit OS)、コピーや保存が使えない。
頻繁に使うトーンをビットマップに出力して、COMICWORKS NEOのパターン塗りつぶしに取り込む。

COMICWORKS NEOはMAXほどにトーンワーク機能が良くない。

| | コメント (0)
|

2013年9月10日 (火)

COMICWORKS NEOのトーンワークをCOMICWORKSで行う 02

1

1 COMICWORKS NEOからCOMICWORKS MAXに線画を取り込む

2 トーンを貼る

3 ホワイトレイヤー 多角形ツールで余分な線を消す。
ホワイトレイヤーのほうが修正がしやすい
4 新規レイヤー インクで余分なトーンを消すマスクをつくる。
5 マスクを選択範囲にして

6 トーンを消す

トーンレイヤだけ別ファイルに保存
COMICWORKS NEOで開いて貼り付ける。

| | コメント (0)
|

2013年9月 6日 (金)

COMICWORKS NEOのトーンワークをCOMICWORKSで行う

1

1の線画をもとに2マスクをつくる
マスクと線画を
ファイル⇒ラスタライズ⇒結果をクリップボードにコピー
COMICWORKSで開く
3マスクにあわせてトーンを貼る4 5
マスクをトーンの上に乗せて、ホワイトレイヤーに変更する6
別ファイル形式に保存して、COMICWORKS NEOで開き、貼り付ける。

| | コメント (0)
|

2013年6月17日 (月)

COMICWORKS MAXをWindows7で使う ブラシ編

1

カーソルをブラシの種類に置いても変更出来ないときは、
すべてのウインドウを一時的に隠す
ウインドウの位置を初期化
すると表示される。

| | コメント (0)
|

2012年9月26日 (水)

タブレットに関するメモ

2012919

Ctrl Altに指を置くのがホームポジション

AltからXにそのまま指を伸ばす

| | コメント (0)
|

2012年2月 3日 (金)

線を入れてからトーンを貼る

トーンを貼る部分が線で囲まれていないとき

007

001

囲むための線を入れる 新規レイヤ

002

線に合わせてトーンを入れる 新規レイヤ

003

トーンを貼る部分だけ元画像から複製する
囲むための線のレイヤはそのまま表示
トーンを貼る部分を線で囲む

004

トーンの範囲より大きめに塗りつぶす

005

塗りつぶした部分を色選択で選択範囲にする
トーンを選択範囲で消す

006


| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧