ネーム プロット 創作

2017年8月14日 (月)

問題→解決法→見落としている

01

02_2
03
04

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

ヒーローの条件

01

02
03
04

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱の考察

01

02
03
04
京アニのヒット作の多くは関西中心に舞台を設定している。
けいおん 中二病でも恋がしたい! 滋賀県
氷菓 岐阜県
涼宮ハルヒの憂鬱 兵庫県 西宮市
攻殻機動隊 Fate 兵庫県 神戸市

東京は毎年人口の1/4が入れ替わるので、どうしても街の味が出せないのだろうと思う。
ちなみに手塚治虫は宝塚出身で、水木しげるは兵庫区でアパートを経営していた。
横山光輝が長田区出身なので鉄人28号が置いている。
横溝正史も神戸出身。
関西出身の作家が多いということは、創作の舞台になりやすいのだろうか。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

テーマ→日常描写=創作

01

02_2
03
04

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

主人公は動機をはっきりさせる

01

02
03
04
久しぶりに描いたので、慣らし運転。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

動機からイベントを作る

02

初心者は動機よりもトリックを重視して失敗することが多い。

ストーリーは設定やトリックよりもイベントとドラマを盛り上げる動機を重視する

自分の決定 動機がないイベントをやるとキャラが人形になる。

動機(正義)の衝突、葛藤と決断があって、ドラマが生まれる。

コマの大半はセリフやモノローグなど、動機の説明に費やされる。

動機からイベントができる。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

二次創作からオリジナルを作る

1

自分の企画をまとめる
企画にあわせて元ネタストーリーを集めて編集する
二次創作を結末まで作る
結末から伏線を作る

ストーリー構成が元ネタストーリーと共通するオリジナルストーリーができる。

初心者の失敗は
完全オリジナルか、盗作かの二択になってしまうこと。
極端にせずにオマージュでまとめてしまう。

ヒット作品はストーリー構成が共通している。

24話だと、
起承転結×三話×前後編

巨大破壊による不安な未来を提示
主人公 適格者が登場
謎の特務機関

世界観を掘り下げる
細かい設定の説明
危機→回避イベントが細かく連続する


 
伏線の回収
過去の歴史など世界設定の説明
敵との共闘
真実が見える


ラスボスを倒す
ラスボスは身近な人→裏切りと計画がある
大団円

設定とアイデアは既存のものを使う自分で考えない
まず自分の考えたアイデアはすでに存在する

自分のテーマに合わせて編集する

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

敵と逆転をつくる

■敵を作る

敵は前半と後半の二種類。

前半 起承に登場するのは中ボスまで

たいていは最終決戦で統一戦線を築く。

後半 転結には理不尽な世界設定を作るラスボスが出てくる。


■シリアスな展開とキャラの作品が一般的

元ネタ作品のテーマには敵対 戦争 差別 格差などの社会問題が入る

このままではひねりがないので転結で逆転する作品にする
主人公は世界観、作品世界の常識から離れたキャラにする。
ギャグキャラの主人公を引き立てるために、シリアスキャラを配置する。

シリアスキャラは世界設定に常識が縛られる。

シリアスに見えるギャグキャラなので、謀略どおりに進まない。

シリアス→ギャグ

ギャグを作る場合でも、最初はシリアスに進めるほうがギャグが映える
■前半はシリアス中心
 
シリアスシーンの連続でで伏線をつくる
 
 設定を展開する
 キャラを掘り下げる
 イベントを展開する
 
■後半はギャグ中心
 真面目にギャグをすすめる
 笑いを狙わない
 シリアス設定を主人公たちが壊すのでラスボスの計画どおりに行かない
 
 普通の方法では逆転はできないのでギャグオチで逆転させる

■希望→絶望の繰り返しで展開させる
絶望的な状況は笑顔が出るような希望を抱かせた瞬間に作って、ドラマの起伏を激しくする。

希望→絶望→立ち直り→強くなる→状況に対処できるようになる→ラストは仲間と一緒に逆転して勝つ
 

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

キャラと行動をつくる

20170406174629

テーマと設定から結末とキャラの動機を作る

設定→イベント→仕事→キャラで主人公を中心にキャラを増やす
イベントを進めるための立場→キャラ
最終場面でメインキャラが全員活躍する

起承転結でイベントを構成する
  主人公が事件に巻き込まれる
  主人公が事件に関わる動機
  キャラが主人公のせいで被害を受ける
  無人島でヒロインと一緒になる

  中ボスとの決着
  世界観を掘り下げる
  ラスボス登場

  主人公が事件を積極的に解決する
  主人公がラスボスを倒すことを始める

ラスボスとの決着
  全体の1/4がラスボスとの戦いに占められる
  ウルトラマンは3分/番組24分


先にラスト・シーンをつくってから伏線を帰納法でまとめる
  ラストが盛り上がるように作る
 

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

断片的な活動を組み合わせて行動をまとめる

 
断片的な活動を組み合わせることで展開して書き出す
 
ネタ→行動→設定→ルール・勝利条件を応用して問題を解決する
 
  マインドマップに以下の項目を書いてネタ→行動から展開させる
予想
不安
結果
伏線
 
実験
証明
シミュレーション 
訓練
ヒント
 
勝つ
負ける
駆け引き
挑発
 
動機
思想
決断
テーマ
 
センサー 認識
裏をかく
隠す 見つける
 
依頼人
仲介者
安全を保証するボディーガード
 
ルール 設定
情報の共有
情報の確認
 
演出
報道される
多くの観衆がいる
多くの人が巻き込まれる
模倣犯が出てくる
劇場型犯罪
 
記憶
思い出
 
面白さ
我慢できない
狂気
後悔

これにキャラ設定・プロファイリングをまとめる
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧