« 設定より先にキャラの行動をつくる | トップページ | 肉壁 作り方を忘れたので、メモしておく »

2019年7月 8日 (月)

四コマ漫画と絵コンテが創作の基本

■漫画の基本は需要のあるネタを、面白く演出する
四コマ漫画と絵コンテが創作の基本

■ヒット作を出した作家が、売れなくなる現象
画力とストーリーが上がると、需要よりも、自分の能力を過信してしまう。
そしてプロになるほどに売れなくなる。
需要を見つけ続けることができるかが、問題。

涼宮ハルヒの憂鬱はストーリーよりも、需要があったから売れた。

■手塚治虫作品が漫画の基本
面白い設定を作る、中二病、読みやすさ、話のつかみ、ライブ感・実況中継

宮崎駿、押井守、手塚治虫の絵コンテの中で、手塚治虫が一番アニメをイメージしやすかった。

■需要のセンスを身につけるには、大量の作品を描くしかない
経験則でしか、売れるものはわからない

画力よりも、量産するノウハウのほうが必要
プロよりもYouTuberとWEB小説のほうが売れる時代
テレビ局や出版社の企画が時代に合わない。
ヒットするのではなく、なんとなく見続けることができて、創作が持続できるタイプが必要。

|

« 設定より先にキャラの行動をつくる | トップページ | 肉壁 作り方を忘れたので、メモしておく »

ネーム プロット 創作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。