« 鉛筆の下絵を漫画に使う | トップページ | はたして電子書籍は売れるのか »

2019年1月31日 (木)

電子書籍で連載して読者を増やしてから商業化を考える

<p>出版社の現状</p>

出版社の現状

投稿するなら電子書籍で連載するほうがいい。
読み切りと違うのでストーリーを作りやすい。
大手出版社ではなく、アクセス数の多い電子書籍サイトを使う。
AmazonとDMMが使いやすい。

大手出版社も返本率は四割以上のすでに遅れている紙書籍版にしがみつくしかない
売れないので社員をリストラしている

電子書籍は電子書籍専門出版社とは違って外注なのでコストがかかる
安い原稿料
単行本にしないので入らない印税
すぐに打ち切りになる
だから経済的に自立しないと出版社に逆らう事ができない

電子書籍で連載しないと東京で活動する必要がある
打ち合わせは出版社で
地方ではサイン会を開けない

漫画家が出ている地方は
関西とその周辺 愛知県鳥取県まで含む
北海道
高知県 最近は徳島県も光ファイバーなどでIT誘致を始めているので可能性がある
新潟県

本ブログでも東京からのアクセスはほとんどない

人口が多い割にはヒット作家の東京出身はあまりいない。

東京に久しぶりに行っても、記録に残したい、と思うような被写体がまったくないことに驚いた。
本当に空虚なビジネス空間

|

« 鉛筆の下絵を漫画に使う | トップページ | はたして電子書籍は売れるのか »

ネーム プロット 創作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。