« 女ケンタウロス プラモデル | トップページ | 下絵 ラフ用筆記用具比較 »

2019年1月 4日 (金)

5W1H×起承転結でストーリーをまとめる

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>5W1H×起承転結でストーリーをまとめる</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

1 キャラ ネタ 設定をアニメ、漫画でまとめる

日常生活 料理グルメ 旅行がネタの中心になる。

これに恋愛などを加える。

定番を押さえていれば話は作れる。

創作に行き詰まったら旅行する。

新しいものを見ると発想が変わる。


ひとまず元ネタから基本的構成を作ってから、細部でひねりを入れる。

最初から新しいものを作ろうとすると失敗する。

2 キャラ ネタ 設定5W1Hでまとめる

誰が いつ どこで 何を なぜ どのように

5w1h

【キャラ

誰が 
立ち位置 人間関係 能力 技術 

主人公 
味方×敵 事件 問題

場面

いつ どこで 

状況 世界観

イベント

何を(伏線) 

なぜ どのように(落ち)でひねる

主人公と読者の予想を裏切る。

最初に勝つのが敵側

3 キャラを中心に四コマ単位にまとめる

起承転結でト書き(5W1H)を並べる

4 ネーム コマにセリフを入れる

並べてページ単位のネームを完成させる



創作の基本は、書くことだけに集中すること。

その他は一切考えない。

どんな評価を受けようが、それからのことはそれから考えればいい。

評価を考えればいいものは作れない。

WEB連載の利点が評価や打ち切りを全く考えることなく書き続けることができる、ということ。

だからヒット作が多い。

評価を考えるにしても、つくってから考えればいい。

書くときは、作品と世界を融合させることに集中する。

今しか書けないものが、かならずある。

それを書き切る。

|
|

« 女ケンタウロス プラモデル | トップページ | 下絵 ラフ用筆記用具比較 »

ネーム プロット 創作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。