« ウェブ小説が売れる時代の創作 | トップページ | ファンドを急速乾燥 »

2017年9月22日 (金)

マンガを描く時は自作小説を漫画化する

マンガを描こうと考える場合、まずシナリオとネームを書こうとする

だから失敗する。

マンガに仕上げても読者が確保できるとは限らないから。

■マンガの連載はアシスタントがいないと、デジタル化してもかなり難しい
だから個人が描くのでは、持続はできない
趣味で続けるには難しい

ネーム コマ割り
下絵
仕上げ トーン

そして、マンガを描く人は意外と多い
たいていは絵がうまい
だから需要がない

■マンガはストーリーで決まる
一般受けする絵なら、知名度があればストーリーが良ければたいていは売れる
読者を先に確保する
Web小説
スマートフォンで書いて、スマートフォンで読む

挿絵付きで連載することで、ストーリーをわかりやすくする。
キャラ設定画、地図などを入れる。

■自作小説で反応があれば、マンガ化する
売れないストーリーを漫画化しても意味ない。

ヒットしたWeb小説を漫画化するほうがモチベーションが上がる。
それに、Web小説なら文体は素人でも問題ない。

■最初からマンガにすると、単なる無駄骨で終わる可能性がある。
まずは四コマ展開でストーリーを作れるようにする。
Web小説で起承転結、特に転結が作れないなら、マンガもまとまらない。

いつも書いているネタをマンガに描くと四頁で一時間ぐらいかかるが、ネタだけを描くだけなら、十分もかからない。
だから連載ができる。

当たり前だが、挿絵付き小説を描くほうが、マンガを描くよりもはるかに楽。
マンガを投稿することを前提にして、連載マンガを描く練習をする必要がないなら、小説だけで進める方がいい。

|

« ウェブ小説が売れる時代の創作 | トップページ | ファンドを急速乾燥 »

ネーム プロット 創作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。