« 問題→解決法→見落としている | トップページ | マンガを描く時は自作小説を漫画化する »

2017年9月19日 (火)

ウェブ小説が売れる時代の創作

1 電車内での読書はスマートフォンで

四インチという単行本よりも小さな画面で読むことになる

マンガを読むことは難しいので、活字中心になる。
だから下手なマンガよりもWeb小説のほうが売れることになる。

2 電車内ではゲームをやるか、小説を読むか、の二択


ゲーム感覚で読める小説がもてはやされる
それに一番近いのが異世界ジャンル

四ページから十ページ程度で完結している小説が受ける

3 売れる小説を漫画化すれば、売れるマンガを作ることができる

小説を先に書いて、ウェブに上げる
ネットの反応を見ながら、小説の漫画化を進める。
だからウェブ原作のマンガは売れる。

4 スマートフォンで書いて、スマートフォンでネットに上げて、スマートフォンで読む

スマートフォンで創作と読書が完結している

どこででも書けるので、その場のノリで描くことができる
一昔前はデスクトップパソコンで書いていたので、書斎にこもる必要があった。
今は、「今いる場所が書斎」になっている。

|

« 問題→解決法→見落としている | トップページ | マンガを描く時は自作小説を漫画化する »

ネーム プロット 創作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。