« マンガを描く時は自作小説を漫画化する | トップページ | マインドマップでフローチャート図をつくる »

2017年9月26日 (火)

ファンドを急速乾燥

■キャラのイメージをつかむためにフィギュアをつくる

ストーリーづくりはアイデアよりもキャラを掘り下げる

新世紀エヴァンゲリオンではキャラのフィギュアバストアップをつくっている

映画でよくある
とくに3Dをつくる時は原型をつくる
P9254125001
■フィギュアをつくるときに使う材料

木材 バルサ材
ファンド
ポリパテ
エポパテ
スカルピー

バルサ材とファンドは手に入りやすい
ファンドは自然乾燥で固まるのに一週間ぐらいかかるため、使いづらいので敬遠される

逆に言うと修正がしやすい、という利点がある

切削性がいい
削りやすいという利点がある
そしてポリパテ エポパテ スカルピーに比べて安いので量産できる
普通は使い切ることが出来ない

ファンドは急速乾燥ができれば、最も使いやすい材料である。

■ファンドを急速乾燥させる

急速の定義はポリパテやエポパテが固まる時間
三十分程度を指す

★必要なもの
温度調整機能付きオーブントースター 4000円ぐらいで買える
まち針 使いやすい

1 まち針で穴だらけにする
2 100度程度で20分乾燥させる

P9254124001

トースターを使っても、中まで乾燥しない

1 アルミホイルを丸める
2 バルサ材を削ったものを芯に使う
3 表面を削ってから、柔らかい部分を穴だらけにして再びオーブントースターで乾燥させる
 
強度が必要な部分はポリパテやエポパテを使う



|

« マンガを描く時は自作小説を漫画化する | トップページ | マインドマップでフローチャート図をつくる »

フィギュア モデラー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。