« キャラと行動をつくる | トップページ | 二次創作からオリジナルを作る »

2017年4月10日 (月)

敵と逆転をつくる

■敵を作る

敵は前半と後半の二種類。

前半 起承に登場するのは中ボスまで

たいていは最終決戦で統一戦線を築く。

後半 転結には理不尽な世界設定を作るラスボスが出てくる。


■シリアスな展開とキャラの作品が一般的

元ネタ作品のテーマには敵対 戦争 差別 格差などの社会問題が入る

このままではひねりがないので転結で逆転する作品にする
主人公は世界観、作品世界の常識から離れたキャラにする。
ギャグキャラの主人公を引き立てるために、シリアスキャラを配置する。

シリアスキャラは世界設定に常識が縛られる。

シリアスに見えるギャグキャラなので、謀略どおりに進まない。

シリアス→ギャグ

ギャグを作る場合でも、最初はシリアスに進めるほうがギャグが映える
■前半はシリアス中心
 
シリアスシーンの連続でで伏線をつくる
 
 設定を展開する
 キャラを掘り下げる
 イベントを展開する
 
■後半はギャグ中心
 真面目にギャグをすすめる
 笑いを狙わない
 シリアス設定を主人公たちが壊すのでラスボスの計画どおりに行かない
 
 普通の方法では逆転はできないのでギャグオチで逆転させる

■希望→絶望の繰り返しで展開させる
絶望的な状況は笑顔が出るような希望を抱かせた瞬間に作って、ドラマの起伏を激しくする。

希望→絶望→立ち直り→強くなる→状況に対処できるようになる→ラストは仲間と一緒に逆転して勝つ
 

|

« キャラと行動をつくる | トップページ | 二次創作からオリジナルを作る »

ネーム プロット 創作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。