« マインドマップでストーリーのまとめ | トップページ | ネタの展開 ストーリー=5W1H×起承転結 »

2014年4月 3日 (木)

ドローソフトで強弱のある線画を作る

インクスケープなどのフリーのドローソフトでAdobeIllustratorの線幅ツールのようなことは出来る。

① 線を描いて複製する 
両端をつなげる

20140403174956png

② 画像編集ソフトにコピーする
端が開いている時は閉じる
ネガポジ反転
20140403175004png

③ 自動塗りつぶしツールで線の回りを透明にする
20140403175018png

周りを塗りつぶししてネガポジ反転しても同じ。

AdobeIllustratorっていつの間にか十万円超えていた。
この前見た時は七万円ぐらいだったのに。
CorelDRAWの三倍以上。
漫画を描く程度なら使いようがない。
線幅ツールはMagictraserという二千円のシェアウェアが元になっていたと思う。

|

« マインドマップでストーリーのまとめ | トップページ | ネタの展開 ストーリー=5W1H×起承転結 »

小技」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。