« ゲームブックでストーリーを書く 02 | トップページ | ゲームブックでストーリーを書く 03 »

2010年2月17日 (水)

創作とは現存するイメージに近いものをイメージに近づける作業

■ないものから創造は出来ない。

01 何が必要か、完成刑のイメージをまとめ、既存のものをかき集めて、何とか形にまとめ上げる作業。

02 創作には二つのものが必要となる。

・完成図 :それはどんな機能を持ち、どんな条件でできあがるか。
たいていは最小限の出費と労力、合格点がつく結果が求められる。
最短時間で形さえ出来れば合格という場合がほとんど。

「最大限の結果」を求めた時点で失敗は確定する。
完成度が高くなればなるほど一品ものになるので、量産効果が期待できない。
そのときにしか作れないものは役に立たない。

八割を上限として、その後は推敲と改良を繰り返す。

・加工することで完成イメージに近いものができあがる既存のもの

たいていは身近にあるがあまり気づかない。

観察力が要求される。

■既存の技術、マニュアルに書いてある白抜き文字からコマ枠を簡単に作る方法を考える。

01 完成図: 最小限の手数で正確に作れるコマ枠

02 既存のもの: 白抜き文字

1

|

« ゲームブックでストーリーを書く 02 | トップページ | ゲームブックでストーリーを書く 03 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。